いやはや、村田兆治の我儘というか、地道というか、必ずや特質はぴっちゃーというかんじでね。師匠がかねやんなぜね・断じて人中央という感じでね。
真実、任意ですけれどもね。
やりたい放題でね。67になってもあれだけ自由にやって、動けるそういう67年代ってね。いないしね。今年もモルツの本番でね。また投げるのかな?といったね。
さすがに140間隔はもうでないけど、還暦を超えて、てきぱきでね。移れるのはね。そういった直感現れるから、今も元気なんですよね。
いやあ、ああいう特質の投手を受けるキャッチャーは困難感じですよね。
ダメ肉筆でね。放るのはね。あれだけ速い一直線あって、怪獣みたいに取り除けるフォークを投げ入れるっていうのはね。困ったものですよね。
自分の感覚でね。投じるっていうのはね。キャッチャーが取れないだろ!っていうのはあるけれども、自分の感覚でやるという典型ですけれどもね。それでも、おかしいけど。ここ

マイホームから5分け前ほど歩くと、ちっちゃな公園があります。砂場やブランコ・すべり台といったオモチャがある「乳児場所」という、何にも弱い広場になっている場所があります。

ウィークデーの昼間は、ちっちゃな子どもたちといったその母親でにぎわい、日曜の昼間は、広場でゲートボールを楽しむ爺さんにおいてにぎわってある。昼過ぎからは、オモチャを卒業した小中学生が、サッカーや野球をしているようですね。

けれどもあたしは、さらにの場所・・・「おウォーキング場所」を満喫しています。

遠くまで見に行かなくても、赤やイエローに色づいた紅葉を大丈夫堪能できます。

誠に!!ドングリも様々落ちているんです(笑)言っておきますが、その公園は、民家密集地点の中にあって、すぐ近くには、壮大モールもあるんですよ。

こうした街中でねぇ・・・。ですから、この季節になると、真っ赤に色づいたもみじを、ムービーに収めにいきます。

真っ赤になるまで、後しばしだ。楽しみに待っていようと思います。http://ambx.info/