あれだけ自由に

いやはや、村田兆治の我儘というか、地道というか、必ずや特質はぴっちゃーというかんじでね。師匠がかねやんなぜね・断じて人中央という感じでね。
真実、任意ですけれどもね。
やりたい放題でね。67になってもあれだけ自由にやって、動けるそういう67年代ってね。いないしね。今年もモルツの本番でね。また投げるのかな?といったね。
さすがに140間隔はもうでないけど、還暦を超えて、てきぱきでね。移れるのはね。そういった直感現れるから、今も元気なんですよね。
いやあ、ああいう特質の投手を受けるキャッチャーは困難感じですよね。
ダメ肉筆でね。放るのはね。あれだけ速い一直線あって、怪獣みたいに取り除けるフォークを投げ入れるっていうのはね。困ったものですよね。
自分の感覚でね。投じるっていうのはね。キャッチャーが取れないだろ!っていうのはあるけれども、自分の感覚でやるという典型ですけれどもね。それでも、おかしいけど。ここ